公開履歴
鼻をかんでいる女性

インフルエンザはリレンザが開発されるまで、画期的な治療法はなく、解熱剤などを使った対処療法のみで、合併症などの危険から望まれていた抗インフルエンザ薬です。
1989年に治療薬として開発されると、翌年には瞬く間に世界中で使用され、日本では遅れて2000年頃から発売されています。
リレンザの有効成分ザナミビル水和物は、インフルエンザウイルスが細胞から細胞へと移動して増殖する際に必要とされるノイラミニダーゼを阻害する作用で、ウイルスを細胞内に閉じ込めて増殖を阻止するのがリレンザの作用機序となっています。
そのため、インフルエンザA型およびB型には効果が発揮できるものの、ノイラミニダーゼを必要としないC型には無効と言われています。
同様の作用機序を持つオセルタミビルもまた、リレンザの発売から遅れて2001年に流通し、リレンザの吸入型で咽喉部分にしか効果がないのに対し、経口薬で全身に作用することから広く使用されるようになりました。
オセルタミビルは異常行動の問題からも有名になった薬で、リレンザよりも多量に消費されることになりましたが、10~20歳未満の子どもには使用を控えるように制限がかかったことで、再びリレンザがその年代に使用されるようになっています。
現在では政府がパンデミックを想定し、備蓄薬のひとつにしているほか、多量に消費するオセルタミビルで耐性菌ができた際の回避用のひとつとされています。
医師の間でも、オセルタミビルを重症の患者に使用することと、リレンザが携帯しやすく予防に適していることから、予防薬および軽症の患者に使用するようになっています。
日本では吸入が上手くできない年代の5歳未満には処方されることはありませんが、5歳以上の小児へ適応が承認されていることからも、今後ますます利用される抗インフルエンザ薬と言えます。

記事一覧
リレンザとインフルエンザが流行する季節と関節痛

インフルエンザは空気が乾燥する季節である冬に爆発的に流行しやすいので、数日間寝込むことになり、学校や会社を休みたくないなら、普段から予防を行うことが大切です。 外出先で咳やくしゃみをする人から移される危険があるので、出かけるときはマスクをした方が安心ですし、外出から帰ると、すぐにうがいや手洗いを行い、体に付着した細菌を落とすようにしてください。 室内にいるときも加湿器を付けていた方が良いので、インフルエンザが流行する季節になれば、予防に気を使うようにしましょう。 インフルエンザにかかると、関節痛や筋肉痛に苦しめられることがありますが、これはプロスタグランジンという物質が分泌されるからです。 プロスタグランジンには血管を拡張して発熱させ、免疫細胞に活性化させたり、止血する役割があるので、関節痛や筋肉痛になるということは、体の中の細胞がインフルエンザウイルスと闘っているという証になります。 熱に弱いウィルスを倒すために発熱させ、痛みが起こるのは仕方がないことですが、冷却材などで患部を冷やせばかなり楽になるので、我慢できない痛みのときは試してみるようにしましょう。 インフルエンザが流行すると、それに伴い、治療薬もたくさん必要となるので、病院ではタミフルやリレンザを患者さんに出す量が増えます。 昔は吸入薬のリレンザは、経口薬のタミフルと比べると飲みにくいので人気がなかったのですが、最近は見直されるようになってきました。 リレンザは吸入薬で、局所的に作用するため、飲まなければ効果が出ないタミフルよりも副作用が起こりにくいので、処方されるケースが多くなっています。 個人輸入代行通販でも買えるので、インフルエンザの症状である、関節痛や高熱などを軽めに抑えたいときは利用するようにしましょう。

2019年09月24日
リレンザの様々な副作用

インフルエンザにかかると、高熱が出て、体中が痛くなったり、お腹を壊してトイレから出られなくなるので、学校や会社に行けなくなってしまいます。 無理に出かけると、多くの人に感染させることになるので、インフルエンザになったら、治るまでは安静にしていることが大切です。 病院に行けば、リレンザなどのインフルエンザ治療薬を処方してくれるので、それを使えば、短期間で回復し、元の生活に戻れるようになります。 もし病院が遠いので行きたくないという方は、個人輸入代行通販に注文して、リレンザを手に入れるようにしましょう。 リレンザはインフルエンザには非常に効果のある薬ですが、人によっては様々な副作用が起こるので、使用の際は注意しなければなりません。 たとえば喘息のある人や、乳製品にアレルギーのある人が使うと、発作を誘発したり、アレルギー症状が起こり、ゼーゼー、ヒューヒューと息が苦しくなったり、蕁麻疹があらわれることもあります。 重い副作用では、冷汗が出て、顔面蒼白になったり、手足の冷えやしびれが起きたり、顔や喉が腫れたり、めまいや血圧低下、意識障害が起こる人もあるようです。 また全身にブツブツが出来てかゆくなったり、水ぶくれやうみが出来たり、唇や口内がただれたり、目の充血が起きる場合もあるので、リレンザを使って、これらの症状が起きたら、薬が体に合わないので使用しないようにしましょう。 症状が治まらない場合は、すぐにお医者さんの治療を受けた方がよいので、病院に行くようにしてください。 どの副作用もまれに起こるもので、ほとんどの方は何も起こらないので、インフルエンザの症状を抑え、早く回復したい方はリレンザを使用することをおすすめします。

2019年09月06日
リレンザの正しい使い方

インフルエンザは症状が重くなると、なかなか回復しないので、ウイルスがあまり増殖しないよう、抑える効果のあるインフルエンザ治療薬を使わなくてはなりません。 リレンザはそのうちのひとつなので、インフルエンザの症状を長引かせたくない方は、48時間以内に使用するようにしてください。 治療以外にも予防にも効果があるので、個人輸入代行通販で購入し、自宅に置いておくことをおすすめします。 リレンザには正しい使い方があるので、インフルエンザを早く治したい方は、説明書をよく読んでから使うようにしてください。 リレンザはタミフルのような経口薬ではなく、吸入薬なので、病院で処方してもらうと薬以外にも、吸入器とディスクを渡されます。 まずは吸入器にディスクを装着するため、青いふたを取って、トレーを引き出すことから始めますが、途中で止まるので、左右のギザギザの部分を両側からつまみ、引くようにしましょう。 するとトレーが取り外せるので、その上にディスクの凸部を下にして置いたら、トレーを吸入器に元の位置に戻してください。 セットが済んだら、次は吸入器のふたを垂直になるまで起こして、ブリスターに穴をあけ、薬をトレーに入れたら、吸入器のふたを元に戻して、吸入器に水平を保ったまま、息を吐き出します。 息を吐き終わったら、吸入器をくわえて深く息を吸い込むのですが、このとき吸入口の左右の穴をふさがないように注意しなければなりません。 息を吸い終わったら、吸入器を口から外して、2~3秒ほど息を止めれば、1回の吸入の終了となります。 治療の際に用いるときは、1日2回、1回で2回の吸入というのが基本的なリレンザの使い方なので、覚えておくとよいでしょう。

2019年08月20日